肥満対策は一生続けなくてはいけない

病院に通う前に何度もダイエットに挑戦したことがあります。

そしてそのたびに失敗をくりかえしてきました。

私の性格も関係しているのかもしれませんが、やりはじめたらとことんやりつづけてしまうのです。

例えば、炭水化物ダイエットを始めて最初は米やじゃがいもなどを排除していたのがどんどんエスカレートして肉や調味料まで排除して最終的には1日に味噌汁の具なしを1杯のみという所までいってしまい栄養が足りず体調を壊しました。

その他にも色々したのですが、誰の指導もなく自分の考えだけで行動すると「早く痩せたい」

という思いが強くなりエスカレートして体調を壊すところまでしてしまうのです。

しかし病院に行ってからは減らしすぎれば注意されるし、「タンパクが足りない」

など足りていない栄養も詳しくおしえてくれるので行き過ぎたダイエットをすることはなくなりました。

肥満になるのは簡単だが痩せるのは難しい。

一度肥満になって焦ってしまうと行き過ぎたダイエットしかできない…。

そして続けられなくてリバウンド…。

それが永遠に繰り返され私のように病的な体重まで増えてしまいます。

わたしが病院の先生から言われたことなのですが、「ダイエットを始めた時に、これが一生続くと考えてみて」

と言われました。

今はバランスの良い食事内容に無理の無いごく普通の運動のみなので一生続けていける自信があります。

しかし昔したような1日1杯の汁のみの味噌汁は一生続けることはできません。

「肥満対策は一生続けなくちゃいけないからね」

と言われ今まで間違ったダイエットをしていたことに気付かされました。

間違ったダイエットは健康を壊すだけでなく、逆に太らせてしまう可能性もあるのです。

今ダイエットをしている人は一度考えてみてください。

「今している方法を一生続けることはできますか?」。

自分流で軽いダイエットをするのはもちろん大事ですが、かなりの肥満体型から標準体型まで短期間で痩せようと考えているひとは危険です。

厳しい食事制限を続けて痩せて、痩せてから標準の人たちと同じ食事をすると標準の人たちよりも太ってしまうのです。

今制限している食事の量がこれから一生の自分の基本の食事の量として体が認識してしまうのです。

極度な食事の減らし方は不妊症や病気を招きます。

健康の為にも食事はきちんと食べなくてはいけません。

一生続けられるダイエットを考えてみましょう。